リサイクルトナーやビジネスフォンのリース~コストカットの魔法~

オフィス

費用を抑える方法

コピー機や複合機は中古で探した方がコストを抑えることができますよ。設備投資にかかる費用をできるだけ抑えたい企業におすすめです。

ビジネスフォンのリース契約のデメリット

案内

ビジネスフォンを企業に導入する際、多くの人がリース契約を選択していると言われています。それは導入コストを抑える意味において有効だからです。しかし導入コストが安い代わりに、リース契約は毎月の支払いを求められます。それはサービスを利用し続ける限り、支払いが終わる事はありません。それに対して購入をしてしまえば、毎月の固定費を下げる事はできます。リース契約と違って最初に支払いを終えているからです。 例えば大企業がビジネスフォンをリース契約すると、多大な経費が必要になります。レンタル台数が利用料金に比例するからです。そして大企業は莫大な資本に支えられている存在です。導入費用に苦慮する事はあり得ないと言えます。

企業規模によって導入を工夫する

ビジネスフォンの利用において、間違いない事は導入時の選択は、慎重に行うべきだという事です。ビジネスフォンの導入をリース契約で進めたいと考えているのは、ほとんどが資本の少ない中小企業です。そして中小企業の数が圧倒的に多いと言えます。 よってクチコミ情報を元に決めようとすると、中小企業の数の多さからリース契約を勧める声をよく見かける事になります。それを間に受けてリース契約をすると、損をする可能性があるのです。 多くのビジネスフォンを導入すると、毎月の使用料が莫大になる事を考慮した場合、半数を購入するなどの工夫が必要と言えます。全てのビジネスフォンを購入対応にしないのは、社員が多少減った場合も対応がしやすいからです。その他にも、費用を抑える方法としてリサイクルトナーの活用があり、正規品を使用するよりも安価でお得だと考えられます。しかし、使用するリサイクルトナーによっては合わない場合などもあるので事前に確認した上で使用することが望ましいといえます。

消耗品を使用

トナー

企業するときには消耗品にかなりの費用が掛かることがあります。そういった場合には、少しでも経費削減を行えるようにリサイクルトナーなどを利用してみましょう。利用時には評判もチェックしておきましょう。

リースがお得になる

コピー機

コピー機を準備する際、リースで利用が出来るので購入費用を抑えることが出来ます。また、最新モデルなど好みに応じてリース利用が出来るため定期的に変更することも可能でしょう。

ネットから依頼が出来る

複合機

最近は複合機やビジネスフォンといったOA機器のリースが主流となっており、多くの企業で利用されています。また、利用する際はインターネットから依頼することが出来るのでわざわざ店舗に足を運んで契約する必要もありません。

購入せずに使える

プリンター

必要なオフィス機器は様々ありますが、プリンターはどの会社にもあるほど必要な機器です。プリンターを導入したいけど費用が大きいと感じるなら、レンタルすると良いでしょう。レンタルなら購入するよりも費用を削減できます。

費用を半分以下にできる

プリンター

コピー機やプリンターを頻繁に使う企業は、リサイクルトナーを活用した方が良いです。リサイクルトナーを利用することでトナーの費用を半分以下にすることができます。保証や品質などを比較してメーカーを選ぶと良いです。

保守サービスの充実も重要

印刷機

短期間だけ複合機を使いたい企業は、レンタルサービスを活用すると良いです。レンタルすることで、便利な複合機を安い価格で利用することができます。高品質な複合機を提供しているレンタル会社を利用した方が良いです。

信頼できるショップ

トナー

経費削減として活用できるリサイクルトナーですが、購入する際は信頼できるショップを選んだほうが良いです。保証期間が長く、連絡先がはっきりと分かるリサイクルトナーショップを選ぶと安心です。

手間と時間を省いて探す

プリンター

使用目的に合った複合機を選ぶためには、比較することが重要です。印刷の綺麗さや機能などを比較することによって、最適な複合機を見つけられます。比較サイトを利用すれば、手間と時間をかけずに探せます。

トラブルを防ぐ

トナー

プリンターのインクが出なかったり、上手に印刷できなかったりすることもあります。そういう場合は洗浄カートリッジを使うと良いでしょう。企業に洗浄カートリッジを導入することで、プリンターのトラブルを防げます。